こんばんはー
人間ほどよく仕事を与えられたほうがいいなと思いつつあるここ最近。
会社に来て何をしてるんだろうと考える日々です。

イメージ 1

2015年10月25日 各務ヶ原で撮影
使用機材:Canon EOS 50D + Canon EF70-200mm F2.8L USM + EXTENDER EF2×III
ということで今年の岐阜基地航空祭後編!
今年の岐阜基地は取りあえず元気だったと昨日記載しましたが、その中でも最も元気だったのがこのF-15。
朝一からぶっ放したと思ったら午後もタカが外れたの如く縦横無尽に岐阜の上空を飛び回っていました。
お陰でこのレンズでこんな感じでもう少しで画面一杯ってレベルまで接近して撮影出来ました。
今回も博物館側から撮影しましたが、やっぱりあそこは非常に近い!
ただ今年は本当に真上を飛んでたので案外撮影するのに苦労しました(笑)

イメージ 2

たぶん日本一アクロバティックな飛行をしてくれる岐阜のC-1。
相変わらず背中を見せてくれます。
絶対旋回時の機体の角度45°超えてるだろ…

イメージ 3

カードドアを開けて飛行するC-1。
毎年銀ピカ初号機が登場していましたが、今年は迷彩塗装。
岐阜ではこちらのほうが新鮮です。
あれ?銀ピカはどこに行った???

イメージ 4

今回の航空祭のメイン?でもある特別塗装のF-4。
自身初めて見る真っ黒なF-4、というか真っ黒な戦闘機。
今回一緒に行った友達と同じ意見が出たのですが、黒い機体はピントが合わない!
非常に近いところを飛んでくれたのですが、黒い機体だからかピントが合わずに結構撮影に苦労しました。
そのなかで辛うじて撮影出来た一枚。
ただ真っ黒い機体かと思えば、機体各所に凝ったカラーリングが施されています。

イメージ 5

そのあとは同一機種2機による並走離陸。
最初はF-15が離陸した気がしますが、いきなりの出来事だったので撮影出来ませんでした。
その次にやってきたF-4。

イメージ 6

続いてF-2。
洋上迷彩と試験機塗装による並走。
F-4と異なり結構な角度で上昇していきました。

イメージ 7

イメージ 8

岐阜名物。
超異種編隊飛行。
なんだろう…「航空自衛隊はこんな機種を持ってます!」っていう展覧会みたいな感じで非常に多くの機体が編隊を組んでいます。
これにKCも居たらカオスだったでしょう。
今年は例年では見たことの無い長方形スタイルで飛行するという珍しい風景を目にすることが出来ました。

イメージ 9

真上を飛んだF-2。
なんとか画面一杯に収まったこの一枚。
テレコンを買ってから2回目の岐阜航空祭ですが、撮影の幅が非常に広がったように思います。
こんな写真、前なら撮影出来ませんでしたね。
今回AFが不調というトラブルに遭遇しましたが、そのおかげで、所持して丸6年にしてEOS 50DのAFの特性を知れたのでいい機会になったと思います。
次の機種は……まだまだ検討中ですが、シャッターユニットも交換したのでしばらく現役で活躍して貰おうかと思ってます。
今年の岐阜基地航空祭、例年と違い縦横無尽にアクロバティック飛行、編隊飛行を見ることが出来、さらに例年より低空で飛んでくれたため非常に見てて楽しい航空祭となりました。


一日一回ワンクリックのご協力お願いします!


Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved