今週限りで新潟出張終了ということで、新潟最後の休日となった4月11日(日)、快速「越乃Shu*Kura」に乗車して来ました。
※今回の記事は画像多めです。

01
2021年4月11日 スマホで撮影
本当はもっと内陸寄りから乗ろうと思ってたのですが、「信越本線の海岸沿いを乗らず、この列車の魅力を十分に堪能出来るのか?」と疑問に思い、普通列車で直江津に移動し、直江津から同列車に乗ることにしました。
写真は直江津駅。

02
4月になりましたが、遠くの山々にはまだ雪が残っています。
同駅ではえちごトキめき鉄道の観光列車「雪月花」の回送を見たり、搬入されたばかりの455、413系を眺めたりして暇つぶし。

03
電光掲示板。
Shu*Kuraは毎週別のコースを走行しており、「ゆざわShu*Kura」は上越妙高-越後湯沢間、「柳都Shu*Kura」は上越妙高-新潟間、そして今回乗車した「越乃Shu*Kura」は上越妙高-十日町間の運行となっています。

04
直江津駅にShu*Kura編成がやってきました。
普通のヨンマルはJR東日本からは引退した為いまや貴重な存在です。
同駅でしばらく停車した後、長岡方面へ向けて出発しました。

05
2号車のイベントスペースでは売店や飲食が出来るスペースがあります。
コロナの影響でジャズの演奏や円形テーブルでの飲食等が出来なかったのは残念です。
お洒落な車内ですし、窓が大きいですね~

06
びゅう商品で同列車に乗った方は食事もセットになっていますが、3号車の指定席券のみで乗った方でも気軽に食事が楽しめるようになってます。
駅弁やおつまみも売られていて、結構がっつり食べられます。
1号車はびゅう商品の方のみ乗車出来るのですが、2名以上からの予約なのが残念なところ。
1名での乗車ということで、3号車の指定席を予約しました。

07
乗って早々ですが、呑みくらべセットを購入しました!
升並々一杯の日本酒が3種類、それと鮭がセットで2000円とはなかなか良心的な価格では?

08
信越本線の柿崎-鯨波間は沿線に海岸が広がっており、広大な日本海を横目に乗り…呑み鉄を堪能出来ます。
グリーン車よりも広い座席間、久々に聞くディーゼルエンジンの音、非日常を感じられるお洒落な車内も相まって優雅な気持ちで呑めました。
チャリンコで駆け抜けた区間をリッチに列車で通過すると気分が高まりますねw

11
結構な量の日本酒が提供されたので、飲み干す間もなく青海川停車。
ここでもしばらく停車時間が設けられており撮影会が始まりました。

09
ホーム横、海やん!
ここまで海に近い駅も珍しいのでは?
昨年、悪天候のなか鮭の遡上を見に同駅を訪れたのが懐かしいです笑

10
同駅は無人駅なのですが、柏崎市の観光協会が立派な横断幕を設置しています。
撮り鉄しているときはこういうの何とも思わないですが、いざ自分がその列車に乗ってこの横断幕を見ると良い気分になりますねw

12
青海川を出ると無料の振る舞い酒が各席に提供されました。
コロナでなければ2両目のイベントスペースで様々な地酒の試飲が出来るそうなのですが、現在はカップによるお酒の提供となっています。

13
柏崎以降は海岸から離れ内陸へ。
最近暖かくなってきたこともあり、沿線はいよいよ水田シーズン!
桜の木々も見えますね。

14
長岡に到着。
同駅で進行方向を変えるため、停車後は乗客みんなで座席の方向転換が行われます。
同列車、車内アナウンスでも紹介していますが日本酒に関わる駅が停車駅として設定されており、潟町や宮内に停車する一方、特急停車駅の柿崎を通過するなど挑戦的なダイヤ設定です。
何気にこの列車、上越、北陸の両新幹線の駅を結んでるんですね。

15
信越本線から上越線に進入しますが、ヨンマルの性能上か、そこまでスピードは出ません。
ほろ酔い状態で景色を眺めていると越後川口に到着。
ここから非電化の飯山線に乗り入れ、すぐに越後湯沢方面へ続く魚野川を通過しました。

16
車内検札では切符に日付入りのスタンプを押してくれるというサービスも。
さらにはShu*Kuraのポストカードも頂いちゃいました!(復路は別のデザインでした)

17
さっきまでの水田は嘘だったかの如く、雪景色が現れました。
えっと、同じ県の同じ列車の景色ですよね?
この列車、景色の変化に富んでで面白いです。

越後川口から十日町まではノンストップですが、途中各駅に運転停車。
この頃は皆さんだいぶ酔われていたのか、お休みになっている方が多かったです。

19
そんな感じで2時間ちょっとで十日町に到着!
さきに到着していた長野方面から来た観光列車「おいこっと」と並びました。

18
乗客が居なくなったので車内撮影。
これ、本当にヨンマルですか?
それも指定席券だけ買えば乗れるんですか?
JR東日本、リーズナブルでリッチな観光列車を提供してくれる神対応です。

20
Shu*Kura停車駅に設置されている専用の駅名標?と一緒に撮影。
今回、郷土料理の「へぎそば」を食べるために十日町までこの列車に乗りましたが、移動の方がメインになるくらい乗ってて楽しい列車でした。
車内で提供される日本酒も美味しく、機会があれば是非また乗車したい、魅力あふれる観光列車でした!

21
おまけ。
帰りは限定ビールとこまいの一夜干しの唐揚げを頂きましたw



【完】

クリックご協力お願いします!

鉄道コム
にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved