鹿児島人の鉄道写真館 in 九州

西日本寄りの鉄道写真を気まぐれで更新してます。

鹿児島人の鉄道写真館 in 九州 イメージ画像

保存車両

昨年は2年の神戸勤務を終えて名古屋に戻ってきたのですが、名古屋地区の列車はそこそこ撮ってたので保存車両巡りをしてました。という事で今日も保存車両です。2020年8月14日 揖斐川町で撮影前回の記事1枚目、大垣付近で樽見鉄道を撮影した後、そのまま北上に谷汲駅へやって
『名古屋鉄道 モ755 モ514 [谷汲駅]』の画像

2020年8月2日 半田市で撮影前回の半田市鉄道資料館の車両編。資料館の裏側、武豊線の沿線に保存されているC11 265。その前には腕木式信号と現行型の信号機(電球)が保存されていました。現行型信号機はこの後点灯して下さったのですが、生憎撮影するのを失念...今回メインの同
『C11 265 [半田市鉄道資料館]』の画像

去年の夏、ふらっと知多半島を一周ドライブしました。その道中、半田市鉄道資料館へ立ち寄ったのでその時の写真を掲載。2020年8月2日 半田市で撮影JR東海武豊線の半田駅に隣接する同施設。武豊線関連の鉄道資料のほかにC11蒸気機関車が保存されています。写真が多かったので
『半田市鉄道資料館』の画像

前回の続き...道東旅行最終日、富良野から新千歳空港へ移動し、飛行機で名古屋へ帰還。その道中のクロフォード公園で彼らに出会いました。2020年7月24日 三笠市でクロフォード公園で撮影クロフォード公園に佇む幌内太駅。駅としては1882年に開業。1944年に幌内太駅から三笠駅
『キハ82形・DD51他 [クロフォード公園]』の画像

2020年7月24日 芦別市で撮影道東旅行最終日。富良野から三笠経由で新千歳空港へ向かう道中、この風景に出会いました。一度通過しましたがUターンして撮影。同鉄道は1945年から1989年まで運行していた石炭輸送鉄道。同線廃線後は車両及び鉄橋が残されています。いきなり横に現
『三井芦別鉄道 DD501 + 炭山川橋梁』の画像

前回の記事にて掲載した愛国駅を訪れた後、そのまま南下し幸福駅へ訪れました。やっぱりこの2駅はセットでしょ~2020年7月20日 帯広市で撮影幸福駅前に佇むキハ22形2両。キハ20形の寒冷地仕様として登場した同形。乗降扉が車端部に寄っていたり、側面窓が小型&二重化するな
『幸福駅・キハ22 221,238 [幸福鉄道公園]』の画像

昨年7月、長期連休という事で道東5泊6日旅行をしてきました。走行写真はほぼ撮ってないですが、各地の保存車両等は撮影。道中帯広に来たので、観光地にもなっているこの地へ足を運びました。2020年7月20日 帯広市で撮影広尾線廃線跡に残る愛国駅。同線は1987年に廃線。ギリギ
『愛国駅・9600形19671 [愛国交通記念館]』の画像

2020年7月12日 明治村で撮影明治村に展示されていた名電1号形。名古屋電気鉄道(のちの名鉄)1号形として1898年(明治31年)に登場。名古屋市内で使用された後、札幌電気軌道(のちの札幌市電)へ移籍。1918年(大正7年)から札幌初の路面電車10形として活躍開始し、1936年(昭和11年)
『名古屋電気鉄道 1号形 [明治村]』の画像

2020年7月12日 明治村で撮影緑生い茂る夏、木々の向こう側に鉄道施設っぽい怪しげな施設を発見。(下調べゼロ)この建造物は鉄道局の新橋工場として1889年に建造。当時の技術力を集結した同建造物が今でも愛知県犬山の地に佇んでいます。そしてその建屋内に保存されているのが
『鉄道局新橋工場、明治天皇・昭憲皇太后御料車 [明治村]』の画像

2020年7月12日 明治村で撮影昨年夏、明治村に訪れた際に撮影した京都市電のN電こと狭軌1型。形式の歴史については以前ご紹介してるので割愛...N58とN115が1965年から明治村で保存開始。のちに動態保存を開始し一時運休していましたが、現在でも元気に動態保存されています。
『京都市電 狭軌1型 [明治村]』の画像

↑このページのトップヘ