鹿児島人の鉄道写真館 in 九州

西日本寄りの鉄道写真を気まぐれで更新してます。

鹿児島人の鉄道写真館 in 九州 イメージ画像

富山地方鉄道&富山LRT

2020年6月4日 富山市内で撮影富山地方鉄道の0600形(左)。同形は富山ライトレールの吸収合併により引き継いだ形式となっています。市内線走行後、岩瀬川へ向かうために富山駅前に乗り入れた同車。並ぶのは富山地方鉄道の7000形レトロ電車。最新の車両と地鉄の大先輩が並びまし
『富山地方鉄道 0600形 ポートラム②』の画像

2020年6月3日 富山市内で撮影富山地方鉄道の0600形。富山ライトレール向けのTLR0600として2006年に登場。当初は7編成が在籍していましたが、地鉄接続に備え2019年に追加で1編成導入されています。見ての通り?新潟トランシスで製造された車両となっており、前、中扉の配置と
『富山地方鉄道 0600形 ポートラム①』の画像

2020年6月3日 富山市内で撮影富山地方鉄道の9000形。2009年に環状線が開通した際に3両を導入。将来的な富山ライトレールとの乗り入れを考慮して同形態の車両を導入。富山ライトレールの車両が赤や青などカラフルなラインを採用しているのに対し、環状線の車両は前面白!銀!
『富山地方鉄道 9000形 セントラム』の画像

2020年6月3日 富山市内で撮影富山地方鉄道のT100形。既存の7000形を置き換えるべきして登場したLRV。全国でも人気なアルナ車両のタイプUaを採用。この形、扱いやすいのでしょうね。9000形セントラムよりも1年新しく、同鉄道の最新の形式となっています。この時の撮影では在籍
『富山地方鉄道 T100形 サントラム 2020』の画像

2020年6月3日 富山市内で撮影富山地方鉄道の8000形。7000形初期車を置き換えるために1993年に5両が製造。この時代の車両に多い、中扉は4枚折戸を採用しています。台車側面下部も台車以外覆われており、どこか重厚感があるように見えるのは気のせいでしょうか。新しくなった富
『富山地方鉄道 8000形』の画像

2020年6月3日 富山市内で撮影富山地方鉄道市内線の7000形。同形は1957年に登場し、計22両が製造されています。現在はT100形導入に伴い数を減らしている同形ですが、その中で同車はレトロ電車に改造されています。富山軌道線が100周年記念だった2014年に水戸岡鋭治デザインで
『富山地方鉄道 7000形 レトロ電車』の画像

小諸から長野市内へ移動してしなの鉄道を撮影した後、安曇野のわさび農園を観光。そのあと糸魚川を経由し富山市内へ(その間全て一般道)。糸魚川-泊間はオレンジのセンターラインの片側1車線。前後トラックに挟まれ地獄を見ましたが無事に富山市内へ到着。体にムチ打って富山
『富山地方鉄道 7000形』の画像

酒。 気持ちを解放しすっきり出来る代わりに自分と言う存在を最強に地の底に陥れる事も出来る代物。 前日の夜に部屋で焼酎を飲み過ぎて翌日半日内蔵グチャグチャの状態でしたのは昨日。 長らく酒はやめないと...と思っていましたが、結局酒に走ってしまってました。 しかし、
『富山地方鉄道 T100形T102号 サントラム』の画像

無気力状態。 最近の自分にだいぶ危機感があります。 仕事に楽しさを感じられないのはさておき、趣味すらもないがしろになっている現状。 世間は紅葉シーズン。 一年の中で一番好きなこのシーズンは毎年あちこち出歩くのが恒例でしたが、さっきふと気が付くと、今年は紅葉情
『富山地方鉄道 7000形7022号』の画像

サーモンと鮭が別物だと初めて知った今日。 そういや鱒の寿司もサーモンやん! みなさん…最近まで同じように思ってた方も多いですよね? 今日は午後から車の点検に出してきました。 車検3か月前点検って奴なんですけど、スケジュールが忙しかった為結構ギリギリに… 寮の駐
『富山地方鉄道 7000形7013号』の画像

↑このページのトップヘ